記事の詳細

ロリポップは低価格なプランが用意されており、 マルチドメインが使える上に、 WordPressやMovableType、そしてbaserCMSの他にも EC-CUBEの簡単インストール機能もあって、 初心者でも使いやいレンタルサーバーの一つなのですが、 初心者の方であるが故に、つまずいてしまうポイントもいくつかあります。 実は以前、人気のCMSであるOpenPne3の導入が どうしても上手くいかないという相談を受けたことがあります。 これは、初心者の方が陥りやすい点なのですが、 OpenPne3を設置する場合は、SSHが必須となりますので、 月額105円のコロリポプランでは設置出来ません。 ロリポップでOpenPne3を設置する場合は、 SSHに対応しているチカッパプランを選ばないといけません。 料金的には少し高くなってしまいます。 その時は、小規模で使うという話だったので、 容量が10GBのコロリポプランのままで、 あえてOpenPneの方のバージョンを落として、 SSHの必要ないOpenPne2を使う事で解決しました。 あらかじめ用意されている簡単インストーラーが無い場合は、 まずはスペックなどの確認を行う事が重要です。 こういうレンタルサーバー全般に言えることなのですが、 バージョンなどによって用意されているマニュアル通りに進まないこともありえますので、 スペックの確認だけではなく、ロリポップが用意している10日間の無料のお試し期間の間に色々と試して見ると良いでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る